photo16

数々の雑誌に取り上げられ、人気が上がってきているバルクオム。SNSでもその評判が広がっていて、バルクオムの使用感に満足しているという人が非常に多いです。

私もSNSなどで口コミが広がっているのはわかっていましたが、購入しようかどうか悩んでいた原因の一つに、敏感肌でも使えるかどうかという不安がありました。

私はかなりの敏感肌です。
ボディソープや洗顔料を使うと肌荒れを起こして、肌がヒリヒリしてしまうので、ボディソープや洗顔は使っていませんでした。よく調べてみると、敏感肌は乾燥肌の延長線上にあり、肌に潤いが足りていない証拠だというのを知ったので、何か良いスキンケアはないかと探していました。

そんなときにバルクオムを見つけて、「これなら自分でも使えるかもしれない」と思って、試しにスターターキットを申し込んでみました。

そして、注文してから10日ほどで商品が届き、実際に使ってみることに。

 

洗顔料は敏感肌でも大丈夫

photo17

まずは洗顔料です。泡立てのネットを使ってたっぷりの泡でなでるように顔を洗います。モチモチのマシュマロのような感触で今まで味わったことがないような感覚でした。

私は洗顔料を使うと肌がものすごく突っ張ってヒリヒリしてくるのですが、その感覚が全くありませんでした。やっぱり市販で売っている洗顔料とは全く違うなというのをこのときに感じましたね。

思いのほか、肌に弾力が出てきたような気もしました。洗顔料は敏感肌の私でも十分使うことができたのでこれからはバルクオムの洗顔にお世話になる予定です。

化粧水を使ってみた

photo18

洗顔をした後はすぐに化粧水をつけて潤いを与えないとみるみるうちに肌は潤いを失っていきます。ですので洗顔後はすぐに化粧水をつけるようにしてください。

化粧水は500円玉くらいの大きさを手に取り、顔全体になじませていきます。この時、手をしっかりと温めた状態で化粧水を塗っていくと肌になじみやすくなります。

バルクオムの公式サイトでは、コットンを使って肌になじませるようにと書いてありますが、敏感肌の人はコットンを使うと肌を傷つけやすくなってしまうので、コットンを使う場合は十分気をつけて、優しくパッティングしてあげてください。

乳液で潤いを閉じ込める

photo19

最後に乳液を使って化粧水で与えた潤いを閉じ込めます。

特に男性は乳液を使うという習慣がありませんが、乳液は肌の潤いを長時間保つために欠かせません。敏感肌の人は肌が乾燥しやすいので乳液を使ってしっかりと潤いを守りましょう。

乳液の使い方は500円玉くらいを手に取り、軽く両手でなじませて温めます。その後、内側から外側に向けて優しく伸ばしていきます。ほうれい線を伸ばすような感覚です。

女性用の乳液を使っているとベタつきを感じやすいのですが、バルクオムの乳液はほとんどベタつきがなく、さっぱりとした使い心地なので大満足です。

なぜバルクオムは敏感肌でも使えるのか?

一通りバルクオムを使ってみましたが、敏感肌の私でも十分使うことができました。夜に使ったら翌朝まで潤いが続いているので肌が荒れにくくなったような気がします。

では、なぜバルクオムは敏感肌でも使えるのでしょうか?
理由を説明していきたいと思います。

敏感肌の人がスキンケア用品を使って肌荒れやヒリヒリするといった症状を起こす原因として下記の5つの成分があります。

  • パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • シリコン
  • 着色料
  • 鉱物油

これらの成分が肌に反応してしまって肌荒れやヒリヒリといった症状を引き起こしてしまっていました。しかし、バルクオムはこれら5つの成分を一切使っていないので敏感肌の人でも問題なく使えるんです。

ですが、すべての人に皮膚の刺激がないというわけではありません。まずは500円のスターターキットで自分の肌に合うかどうかを実際に使って試してみてください。

肌に合わなかったら定期契約の前に解約することができるので、試してみて損はないと思います。私の敏感肌を軽減してくれたバルクオムなので、あなたの敏感肌を改善する良いきっかけになると思いますよ^^

バルクオムを実際に使ってみた口コミと効果はこちら