photo22

バルクオムの口コミ|実際に7ヶ月使ってみた効果はこちら

いろいろなメンズスキンケア商品を見ていると、洗い上がりがさっぱりすることや、どれだけ皮脂を落とせるかということをアピールしている商品が目立ちます。しかし、男性は女性よりも乾燥しやすいと言われています。

なぜかというと、女性は化粧などをして紫外線などの外部刺激から肌を守ることができるんですが、男性の場合は肌が丸出しの状態なので、外部からのダメージを受けやすいんです。

 

そのため、乾燥肌になりやすい人が増えてしまいます。そんな乾燥肌を改善してくれる今話題のメンズスキンケアがバルクオムです。バルクオムはしっかりと潤いをあたえて、モチモチの肌を保ってくれます。

肌に潤いを与えるために一番活躍してくれるのが化粧水です。バルクオムの化粧水は高い保湿力があることでも知られています。そこで今回は、潤いの秘密に迫るために、バルクオム化粧水の成分やその効果について徹底的に検証していきたいと思います。

バルクオム化粧水の特徴

一般的な化粧水は、高い保湿力があるものほどベタつきを感じやすくなっています。男性は使用感にはかなりこだわりがあるので、ちょっとしたベタつき感が使用するのをためらってしまう原因になってしまいます。

しかし、バルクオムは高い保湿力があるのにサラサラとした使用感が人気の理由でもあります。コストのことは一切気にせず、男性にとって最高の化粧水を作ることが目的になっているので、成分にもこだわりがあります。そのため、お客様満足度が88%と非常に高い評価を受けている化粧水です。

次からバルクオム化粧水に含まれている成分とその効果について詳しくやっていきたいと思います。

リンゴ幹細胞培養エキス

photo36

リンゴ幹細胞培養エキスはバルクオムの中でも一番の注目成分と言って良いと思います。収穫後から4ヶ月経っても腐らないと言われているスイスの希少なリンゴ「ウトビラー・スパトウラバー」から作られたものです。

4ヶ月もの長期保存ができるということから、冷蔵庫のない時代には重宝されたみたいですが、味がそれほど美味しいものではないため、冷蔵庫が発達した現代ではほとんど食べられることがなくなり、現在ではスイスに20本しか現存していないほど希少なものになりました。

 

リンゴ幹細胞培養エキスを2%含んだ美容液の実験では20人中20人がシワやシミを改善することができたという脅威のデータもあります。このデータからもアンチエイジング効果が期待できる成分としても知られています。

そんな効果の高さが話題になり、フジテレビの人気番組「ほんまでっかTV」でも取り上げられました。

photo18

エピガロカテキンガレート

photo34

エピガロカテキンガレートはカテキンの一種です。カテキンは抗酸化作用があるとして知られていますが、エピガロカテキンガレートは特にその効果が強いと言われています。

そのため、肌のターンオーバーをサポートしてくれます。ターンオーバーをサポートすることで、シミやソバカス、ニキビなども防ぐことができます。

また、エピガロカテキンガレートには抗菌効果も期待することができるのも一つの特徴です。

グリセリルグルコシド

photo35

グリセリルグルコシドは安全性が非常に高く、食品にもよく使われている成分で、強力な保湿効果があるのが特徴です。それ以外にも収れん効果という肌の組織や血菅などを縮めて引き締める作用もあります。

収れん効果には肌を引き締めながら保湿し、皮脂の分泌をコントロールしてくれるのでベタつきを軽減してくれます。皮脂分泌をコントロールしてくれることから、夏に需要が高い成分でもあります。

バルクオムに含まれている成分まとめ

以上、バルクオム化粧水に含まれている成分を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

少しでもバルクオムに含まれている成分とその効果を理解することで、他のスキンケア用品よりもバルクオムが優れているということがすぐにわかるようになると思います。

バルクオムは肌に潤いを与えるだけでなく、若々しい肌にしてくれるという効果も期待できるんです。

 

おそらく、バルクオムを使い続けてきた人と、市販のスキンケア用品を使い続けてきた人では、5年後10年後に圧倒的な違いが出てくるはずです。

バルクオムは洗顔、化粧水、乳液とたった3STEP、時間にして3分で完了するのでこれからの習慣にしてみてはいかがでしょうか。