photo26

バルクオムで毎日スキンケアをしている管理人です。バルクオムを購入しようと思っているけどそれなりの値段するからしっかりと効果を感じたいという方も多いのではないでしょうか。

私はバルクオムを使うようになってからスキンケアにものすごくこだわるようになりました。洗顔や化粧水、乳液の正しい使い方を学んで効果を最大限に発揮させるために、本やインターネットで効果的なスキンケアの方法を徹底的に調べました。

いくら良いスキンケア用品を使っていても、使い方が正しくなければ宝の持ち腐れに終わってしまいます。ですので、今回は自分がやっているバルクオムの洗顔、化粧水、乳液の効果的な使い方をあなたに伝授したいと思います。

洗顔料の効果的な使い方

夜は必ず洗顔をする

バルクオムは1日2回使うように書かれています。朝は無理して使う必要はありませんが、夜は必ず洗顔を使うようにしてください。

なぜなら、夜に洗顔しないと、肌がドンドン老けていってしまうからです。

たっぷりかいた汗や肌に溜まった脂質は、寝ている間に酸化してダメージを与えます。また、菌が繁殖してニキビ等の原因にもなるので夜は必ず洗顔するようにしてください。

洗顔するタイミングはお風呂から上がる直前がベスト!

洗顔をするタイミングですが、お風呂から上がる前がベストなタイミングです。お風呂から出る前は、体があったまっているので毛穴が開いた状態になり、余分な皮脂を落としてくれます。

手で顔をゴシゴシこすらないこと

汚れを落とそうとして、手で顔をゴシゴシこするのはNGです。手で顔をこすってもそれほど変化を感じないと思いますが、想像以上に肌はダメージを受けています。お湯を十分に使いながら優しく洗ってください。

洗うときはぬるま湯で

洗顔に最適な温度は32度です。少し冷たいかなと感じるくらいがちょうど良いので、洗い上げるときのお湯の温度にも気を使ってください。

また、脂性肌の人は28〜30度のさらに冷たいお湯で数回に分けて洗うと、毛穴が引き締まって余分な皮脂が出ないようになります。

化粧水の効果的な使い方

洗顔後はできる限り早く化粧水をつける

洗顔後の肌は乾燥しやすくなっていて、ものすごいスピードで肌の水分量が失われていきます。洗顔後に髪を乾かしてから化粧水をつけるという人もいると思いますが、化粧水は洗顔後にすぐつけるようにしてください。

水分はしっかりと拭き取る

肌に水滴が残っている状態で化粧水をつけてしまうと保湿効果が薄れてしまいます。乾かしすぎるのもよくありませんが、余分な水分を拭き取ってからつけるようにしてください。

化粧水は基本的に手でつける

化粧水をつける時にコットンを使う人もいると思いますが、基本的には手でつけるようにしてください。特に、敏感肌の人はコットンで肌を傷つけやすいので、手で優しくつけるようにしてください。

また、化粧水を手に取ったら手で少し温めると肌に浸透しやすくなって、より効果を感じやすくなります。

たくさんつけすぎない

化粧水はたっぷりつけて潤いを与えた方が良いと勘違いしている人も多いです。しかし、化粧水をたくさんつけたからといって、その分肌の水分量がUPするわけではありません。付ける量は最低限にしてください。

乳液の効果的な使い方

化粧水をつけた後に1〜2分ほど間隔をあけてからつける

化粧水をつけてからすぐに乳液をつけると、化粧水と乳液が混ざってしまいます。化粧水が乳液にしっかりと浸透してから乳液を使用してください。

手の上で少し温める

化粧水と同じで、乳液も人肌まで温めると肌に浸透しやすくなります。手のひらに乗せたらそのまま付けずに、少し温めてから付けるようにしてください

ほうれい線のシワを伸ばすように意識する

乳液をつけるときは内側から外側に向けて優しく伸ばしていきましょう。ほうれい線のシワを伸ばすような感覚でつけることでリフトアップ効果も期待できます。

バルクオムは正しい使い方で最大の効果を発揮!

以上がバルクオムの効果を最大限に引き上げる使い方になります。知っている情報もあれば、知らない情報もあると思うので、ぜひ今日から実践してみてください。

バルクオムで正しいスキンケアをすれば5年後10年後も若々しい肌を保つことができていると思いますよ^^

まだバルクオムを使っていない方は最初にスターターキットを使って、バルクオムの効果を確かめてみてください。きっとその効果に驚くはずです。

バルクオムの口コミ|私が実際に使ってみた効果はこちら