photo32

こんにちは、バルクオムでスキンケアを毎日している管理人です。今回はバルクオムに含まれているリンゴ幹細胞エキスの効果について詳しくやっていきたいと思います。

バルクオムの中でも主役と言っても良い成分のリンゴ幹細胞エキスですが、一体どのような効果があるのか徹底的に調査しました。

バルクオムのリンゴ幹細胞エキスは何から作られる?

バルクオムのリンゴ幹細胞エキスの原材料となっているのが「ウトビラー・スパトウラバー」と呼ばれるリンゴの1種です。

ウトビラー・スパトウラバーはスイスで作られているリンゴで18世紀に品種改良して作られました。長期保存に適していて、味が落ちにくいということで重宝されていたんです。

そのリンゴは収穫から4ヶ月放置していても腐らないということで話題になりました。このリンゴの木は世界に20本しかないため、保護認定されています。

長期保存に適しているので18世紀頃は流通していましたが、冷蔵庫が発展したことで長期保存できる食べ物が増え、ウトビラー・スパトウラバーは生産が減っていきました。

ウトビラー・スパトウラバーは長期保存に適していましたが、味は酸っぱくてそれほど美味しくはなかったようです。

腐らないリンゴの秘密に迫る!

ではウトビラー・スパトウラバーはなぜ4ヶ月も腐らないのでしょうか?

そのポイントは「自己再生力」にあります。

ウトビラー・スパトウラバーは自分の細胞を自己再生して維持することができる栄養素が含まれているということが近年明らかになってきました。

この栄養素が収穫から4ヶ月経っても腐らない秘密だということです。

この自己再生能力をなんとかして美容に役立てることができないかと試行錯誤の上で作られたのがリンゴ幹細胞エキスになります。

リンゴ幹細胞エキスは何がスゴい?

人間の肌をいつまでも若々しい状態に保つためには幹細胞が大きく関わってきます。幹細胞の活動が活性化すると肌のターンオーバーを促進して、ハリのある美肌にしてくれます。

そんな幹細胞の活性化をしてくれるのが、先ほど述べたリンゴ幹細胞エキスです。

その効果の高さから、フジテレビの「ほんまでっかTV」でも大きく取り上げられました。

photo18

肌はターンオーバーを繰り返していますが、サイクルが乱れてしまうと悪い影響を与えます。古い角質が残り、毛穴をふさいでしまうので若々しい肌を保つためにはターンオーバーのサイクルを正常にすることが欠かせないです。

ですので、最近では幹細胞の働きを活性化させるコスメの人気が急上昇してきています。バルクオムもその「幹細胞コスメ」の一つで、肌の状態を細胞レベルから若返らせてくれます。

女性用の幹細胞コスメはあっても男性用の幹細胞コスメはほとんど出回っていなかったので、バルクオムが大々的に登場して一気に人気が高まりました。

バルクオムの本当にスゴいところ

photo05

バルクオムのスゴいところはリンゴ幹細胞エキスだけではありません。

通常スキンケア用品を開発するときは、予算の関係から成分の配合比率に制限があるのですが、バルクオムはその制限を一切設けていないので、これ以上のスキンケア用品はないといえるくらいの品質まで引き上げられています。

そのこだわりから、最近では女性でもバルクオムを使っているという人が増えてきました。

安くて効果がないスキンケアより、少し高くても確実に効果のあるスキンケアの方が良いですよね。バルクオムは巷では高いスキンケア用品だと言われていますが、実際に使ってみるとその効果の高さから安いと感じてしまう人も多いようです。

メンズスキンケア用品を選ぶのに迷っているのであればバルクオムはおすすめできます。一度使ってみれば違いを実感できると思うので、まずはスターターキットを試してみてはいかがでしょうか。